久しぶりのアナログ絵を描きました! 歌舞伎絵師 橋本紀子の作業工程を大公開☆②

【工程② 下描きの下描き】

 

はてさて、長くなってしまったので
分割した工程の公開…
今回はどこまで進めるでしょうかヾ(;´▽`A“アセアセ
とにかく、飽きずにお付き合いお願いしまーす☆

 

何故に下描きの下描きか

 

それはもちろん、カンバスに描きたいんですけど
じゃあ下描きをカンバスに直接鉛筆とかでグリグリ描いたら
塗った時に色に影響が出ますし…

それは避けたい!
あと、試してみたい技法もあったので
まずは鉛筆で普通のコピー用紙に下描きの下描きを描きました。

ハイ、下描きの下描き描けました~☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3分クッキングのように、
さくっと出来上がった下描きの下描き(笑)

ですが、実際は
10日間で12時間くらい掛っています。
まあ、私の描く手が遅いのも原因ですが…

 

 

【工程③ やっとカンバスに下描き】

 

何を使って下描きするか

 

はい、先ほども言ったのですが
鉛筆などでグリグリ描くと
塗った色に鉛筆の色が混ざってしまいます。

それが嫌で紙に下描きの下描きを描いたので…

これを使用してみました!!
✨✨ジャーーーーーン!!!!✨✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

✨✨チャコペーパーですっ☆✨✨

写真にこの道具の素敵なポイントが書いてあるんですが
なんとチャコペーパーの線は
水で濡らすと消えるんです!!!

なんて私の希望を叶えてくれる便利道具でしょうか…
これがまず、新技法その①です

 

カーボン紙のように使います。
下描きの下描きの紙とカンバスの間に
このチャコペーパーを敷きまして
下描きの下描きの線を上からもう一度ペンでなぞります

この時、鉛筆の線となぞった線が分からなくなるといけないので
黒以外の色のボールペンなどでなぞるのがいいですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、その線がカンバスにも
写って描かれるんですね!
なんて素敵…!!!

っていう訳で
線をカンバスに写しましたー!!
(この写真ではちょっと塗り進めています)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【工程④ 下描きに陰影をつける】

まだ続く下描き作業

で、チャコペーパーでうっすら線が写せた下描きに
アクリル絵の具の濃紺
(プルシャン ブルー ヒューという色)
一色だけを使って陰影をつけて行きますー。

ここで、チャコペーパーで写すのは
そこまでハッキリ正確に写せれるわけではないので
清書していく気持ちで陰影をつけていきます。

で、こんなんできました☆

イヤー、ひたすら同じ色で
陰影をつけていくのって
途中で飽きちゃって
塗り終わまでが大変でした(-“-;A

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでしょうか?
私は塗り切った達成感からか
もうここで完成としてもいいんじゃないか…
という、自分の中の甘い誘惑と戦っていました(笑)

 

【まだまだ続く…】

やっと下描きが終ったところで今回も終わります。
次回は本当の色塗りでーす。新技法その②もあるよ☆
やっと制作作業に入る感じです(^∇^)アハハハハ
できたらあと2回で終わる予定です!

とりあえず
本日はこれぎり!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください